宋慶齢基金会日中共同プロジェクト委員会(JCC)


トップページへ

宋慶齢さんのこと

活動日誌

訪中団報告

プロジェクトの主な内容

母子保健支援

幼児教育支援

就学支援奨学金給付

図書セット寄贈

寧夏教育支援

日中教育交流

東日本大震災緊急支援プロジェクト

JCCニュース

参加の方法

JCCの役員

定款

リンク集

お問い合わせ


訪中団報告
中国宋慶齢基金会25周年記念パーティー出席と河北省易県への旅
第17次訪中団報告
JCC理事 諏訪きぬ(明星大学)
 第17次訪中団の目的は、一つには中国宋慶齢基金会25周年記念パーティーに出席して、祝賀の意を表明すること、二つには数年前から展開している河北省易県での支援実績を視察すること、三つには長らく易県の学生に奨学金を援助されてきた故柳田女史の意を受けて、「白馬中学寄宿舎建設支援」について話し合いを詰めること、の3つでした。実際にはこの他にも、易県教育委員会に紙芝居50セットを寄贈し、紙芝居を普及するという使命も帯びて訪中することとなっていました。
 訪中後に開かれた47回事務局会議(6月23日)で、訪中団の総括が行われていますので、それに沿いつつ、時々の出来事をトピックスとして掲載する形でご報告いたします。
期日: 2007年5月27日〜6月3日
訪問内容: 中国宋慶齢基金会25周年記念パーティー・宋慶齢故居文物展示館定礎式・河北省易県にて柳田奨励金授与・流井郷中心幼児園・訪問豹泉小学視察・ 夏庄小学視察・易県県庁表敬・白馬中学訪問・界安初級中学視察・ 裴山中学視察・ 八宝山革命烈士陵墓参・中国宋慶齢基金会張文康副主席と面談
団 員: 久保田、山下、磯貝、川崎、斉藤、諏訪、井岡

5月27日5月28日5月29日 5月30日5月31日6月1日6月2日6月3日

2007年5月27日(日曜日)
訪中団出発:久保田、山下、磯貝、川崎、斉藤、諏訪/井岡(北京で合流)
*北京空港出迎え‥連絡部 陳愛民副部長、劉頴さん(通訳)
*歓迎晩餐‥連絡部呉存瑜部長、陳愛民副部長、劉頴さん(通訳)


呉存瑜部長挨拶:
ここ2〜3年、日中関係は危機にあったが、今年は国交回復35周年を迎える。政治面でも経済面でも多数のプロジェクトが動き出しており、中国宋慶齢基金会25周年記念を迎える今年は、よい年にしたい。
CA926成田15:00発が1時間も遅れ、16:15発となる。
19:55(現地18:55)無事に北京国際空港着。人影まばらで入国手続きスムーズに済み、20:15にはホテル浙江大廈に到着。

2007年5月28日(月曜日)
15:20開会
中国宋慶齢基金会25周年記念パーティー:釣魚台迎賓館にて 胡啓立主席、陸延東副主席ほか200余名


長きにわたり日中間に橋をかける活動を展開されてきただけに、久保田博子代表の人脈は広く、会場では旧知の方々と握手・握手の光景が見られた。張愛栄宋慶齢故居元館長、黄華夫人と実に懐かしげに歓談されていた。


18:30開宴
胡啓立主席招宴(長生記酒店)
兪貴麟・叱利群・唐聞生三副主席、日本・イタリア・フィリピン代表団


★記念楯及びお祝いを贈呈


胡啓立主席挨拶:
皆さまが中国宋慶齢基金会25周年に駆けつけてくださって、大変嬉しい。ボランティア活動も含めて、長い友好の歴史を持っており、深く感謝している。今後もよろしくお願いしたい。



2007年5月29日(火曜日)
10:10開式
宋慶齢故居文物展示館定礎式
:胡啓立主席、兪貴麟副主席ほか多数の関係者列席のもと、定礎式が執り行われた。ここが出来上がった暁には、故居は宋慶齢女史が生前使っておいでになったように復元されるとのことである。
 


11:35開会
* 兪貴麟副主席主催昼食会(孔己)に参加する。兪貴麟副主席・李寧秘書長、 海南省文昌市宋慶齢基金会龍彩鳳主任、河南省宋慶齢基金会劉玉浩主席、広東省宋慶齢基金会趙健理事他主席。
故居の深い緑の庭園を散策しつつ、定礎式会場へ。宋慶齢故居文物展示館定礎式は、座っているのも辛いほどの強い日差しの中で執り行われた。王丹丹さんも参加され、近況を伺うことができた。

2007年5月30日(水曜日)
北京・浙江大廈(8:00発)→河北省易県へ向かう
JCCチャーターの観光バス/紙芝居50携行


10:30 
県境に教育局肖鵬副局長、高建勇さん出迎え
紙芝居担当として張課長同行


11:25
西稜行宮(XINGCONG HOTEL)到着


13:05
柳田奨励金授与:西稜行宮招待所にて中学3年女子学生黄・崔・何・呉さん等5名に山下副代表より手渡す。中学生とはいえ、16歳から19歳までの女学生であった。

   
3時間半のバス旅行で易県・西稜行宮に到着した。西太后が一族の墓所を参拝される折に宿泊所とされたという西稜行宮は、往時のままの姿を留めた小宮殿である。目の前に忽然と現れた優雅な建物に、一行は目を見張ってしまった。現在はホテルとして使われているとのこと。
ここで2泊できるとは、なんという幸運なことだろうか!

*昼食後には3校を訪問するという強行スケジュールが待っていた。
 
15:00
流井郷中心幼児園訪問: 5歳児のクラスで紙芝居を実演し、その効用を史流井幼児園園長、張課長らに伝える。ダルマ落としや紙風船で子どもたちとも楽しく交流ができた。
流井郷中心幼児園は、園舎も以前より整備されており、「見違えるようだ」と久保田団長。紙芝居の普及・伝達という重大な使命を帯びての訪問であったが、周さんの熱演により子どもたちも集中して見入っていた。その集中振りから推して、まずまずの成果を挙げたように思われる。
園長先生に折り紙を伝授する斉藤理事 贈呈する紙芝居にシールを
貼る教育局肖鵬副局長
 

16:50
豹泉小学視察:図書贈呈校ということで訪ねたが、余りにもみすぼらしい佇まいに言葉を失ってしまった。客人を招き入れる応接室も空き教室もなく、話し合いは木陰で行われた。
5-6年生4クラスのうち、真ん中の2教室は古くて何時壊れるか危険という話で、裸電球ひとつがぶら下がった暗い教室で子どもたちは実に静かに熱心に学習していた。作文の時間ということで、2-3の生徒さんに朗読してもらった。通訳を通してではあったが、詩情あふれる文章に一行は皆感動を覚えた。贈呈図書は書架の隅に置かれたまま、という感じがした。「1年生から6年生まで在籍できる中心小学校にしたい」と成校長は真剣な面持ちで語ってくれた。
   


18:20
夏庄小学視察:ここも図書贈呈校ということで、視察の対象となったが、豹泉小とは対照的に整った小学校であった。花壇等アプローチもよく手入れされ、校舎内の整備も行き届いている。楊校長先生は、11名の3年生が蛍光灯の下で学ぶ教室や理科実験室を案内しながら、学校の歴史についても語ってくださった。1987年4つの村の中心小学校として設立され、現在の生徒数は120名。教師は13名、蔵書は3,500冊(贈呈図書もきちっと整理されて置いてあった)、レベルはトップクラスという。特別プロジェクトも取っており、7月には新校舎も完成し、生徒数も240名となる予定という。応接室でスイカをご馳走になりながら、「教えることも導くことも全力で」「教育計画を完成し、教育理論を学び、教育実践、教育方法を見直し、教育の質を上げる」等々、校長先生が歯切れよく説明される教育方針を傾聴する。
寄贈図書を点検する
久保田代表理事
小学校2校のありように格差がありすぎてショックでもあった。「河北省は貧困地域」と関係者はよく口にしたが、「それにしても」である。
 

19:30過ぎ
★西陵行宮招待所に帰着

2007年5月31日(木曜日)
9:30会見
易県県庁表敬:へぇ順清副県長。張教育局長と会見。白馬中学寄宿舎建設支援基金・紙芝居50セットの寄贈目録を贈呈する。
朝は早くから鶏の「コケッコッコー」と時を告げる高い鳴き声、「ホッホー、ホッホー」と啼く鳥の鳴き声に目覚める。早朝から庭園を散策し、全員が四葉のクローバを見つけた。
 
11:00到着 
白馬中学訪問:寄宿舎建設支援についての話し合い、その他の易県教育支援について協議。柳田基金を使って改装したという旧校舎転用の寄宿舎を視察した。
新築の白馬中学 旧校舎全景 旧校舎に作られた調理室
 

その一隅にある調理室で作られた昼食を試食する。味は家庭的でおいしかった。

今年度の机と椅子、図書贈呈についての話し合い:肖副局長の話によれば、「机と椅子の援助は有り難い。建物への援助は国からあるが、備品費は出ない。沢山沢山、机と椅子がほしい。50年も使っているものもある」とのこと。図書については「購入図書一覧」の提出と「書架」の設置を当会から要望した。


13:45〜
界安初級中学視察:年間45万円を当てて400セットの机と椅子を贈呈している寄贈先の一つである界安中学を、昨年校長に就任したという飛学好校長先生の案内で一巡した。一校100セット程度となるため、整った机と椅子で学ぶ生徒は二クラスにも満たない状況で、教卓も机もガザガザにささくれ立ち側面が欠けた状態のみすぼらしい物ばかりであった。一クラス70から75人程度のすし詰め状態の授業風景に、50数年前の日本の授業風景が重なった。日本もついこの前までは、決して豊かではなかったことを忘れないようにしたいものだ。

 

参観者一同が感心したのは、授業に向かう生徒たちの静かさであった。日本で問題になっている「私語」や「立ち歩き」「揶揄」がない。
参観者がいるから・・・とも思われたが、そんなに取り繕えるものでもない気もして、農村の中学生の学習意欲というものに興味が注がれた。暗い教室のなかで70名もの生徒はシーンとしている光景は、日本では想像できないのではないだろうか。
 
14:50〜
裴山中学視察:2001年に新築なった美しい校舎に2005年、JCCが机と椅子を贈呈した。1年2クラス、2年2クラス、3年3クラスの計7クラスで、生徒数は450名程度(寄宿生120名)。スタッフは33名(教員22名、コックなど11名)、1年生の1クラス規模は75名で教師が足りないという。覗き見るどのクラスも実に静かであった。
 

一般の教室棟とは別に特別教室棟、管理棟、寄宿舎が広い校庭に点在しており、校門脇には深紅のバラが咲き乱れ、手が行き届いた感じのよい中学校であった。バラ園作りをしているのは生物の先生とか。校長の賀文成氏は齢38歳、2002年からここの校長をしているとのこと、校長の在任期間の規定はないということであった。
未来に向けて教育の理想を語る青年校長の姿に、中国の明るい未来が見えるようであった。さわやかな風が吹き抜けたような、すがすがしさを貰って、裴山中学を後にした。
寄宿舎 美しく整頓された室内
天井のない教室に裸電球というスタイルになれた頃、裴山中学で始めて蛍光灯の光を目にすることができた。

2007年6月1日(金曜日)
11:10
清王朝の墓所光緒帝及び孝定景皇后が埋葬されている崇陵に立ち寄った後、狼牙山にある河北省抗日記念館(河北省人民政府1995年設立、河北省愛国主義教育基地)を参観する。1937年の櫨溝橋事件を機に開始された抗日戦争。狼牙山の根拠地には5人の勇士がいて、阿部中将率いる日本独立第2混成旅団と激しい戦闘を行い、 阿部中将はこの地で戦死。朝日新聞には「名将の花、河北省に落つ」との記事が3日連続掲載されたという。毛沢東が自給自足を呼びかける根拠地から出撃する義勇軍や1937〜1945までの日本軍の暴虐の状況が生々しく展示されていた。




14:00
鶏が放し飼いにされている農家のレストランで昼食を済ませた後、河北省易県を後にし、北京へ向かう。
三光作戦の地でもあり、久保田代表理事がよくお話になる「だから易県を支援の地にした」との言葉の意味を、ようやく理解できた気がした
 
18:30 
李寧秘書長招宴:基金部李希奎部長・李項目処処長、毛蓉蓉さん、 劉頴さん、孫さん
項目関係打合わせ 成らず

2007年6月2日(土曜日)
9:40
八宝山革命烈士陵墓参:愛溌斯坦I.Epstein 氏・馬海徳氏の墓に参詣し、花を手向ける。故居の張愛栄さん、何太章研究所長、林さんら同行


14:00
中国宋慶齢基金会張文康副主席と面談:貴州省での母子保健支援の輪が広がっているとのお話であった。その先鞭になったのはあなた方NPOである、と高い評価もしていただいた。「8月下旬ご一緒に貴州省へ」とのお誘いも受けて、第18次訪中団が確実なものとなった。

張文康副主席と面談を終えて、今回の訪中のスケジュールは無事終了した。後は答礼宴を残すのみ。「胡同は初めて」と遊びのない久保田代表をお誘いして、胡同見物に出る。ようやく訪れた開放感!心地よいひとときであった。
個人の業績を記した個性的な墓石に感動する。久保田団長の説明の中に、抗日戦線時代から中国を支援し続けた故人たちの熱い思いが今また、蘇ってくるようでもあった。

2007年6月3日(日曜日)
帰国:劉頴さん、毛蓉蓉さんが見送り
帰国の機内で手にした英字新聞の中に「Building bridges of love」の大きな見出しの下、Helen Foster Snow とRewi Alleyの軌跡を追った記事に遭遇。
八宝山革命烈士陵墓参で耳にした人物名と重なって、奇遇を覚えた出来事であった。

▲トップへ ▲